ポリ袋と画用紙で簡単に手作り♪ハロウィン衣装の作り方

ポリ袋と画用紙で簡単に手作りできる、ハロウィン衣装の作り方をご紹介します。

私が実際に幼稚園のハロウィン行事で子供用に80着くらい作った衣装ですが、簡単なので量産も可能です。

目次

1:ハロウィン帽子の作り方

材料

  • 画用紙
  • ゴム紐(あれば)

画用紙・ゴム紐ともに100均で購入しました。

ゴム紐はなくても構いませんが、ゴムがあった方が動いた時や風に吹かれた時に帽子が脱げないので、付けた方が安心です。

作り方

画用紙を丸める

↓写真のように、円錐状に画用紙を丸めます。

テープで止める

セロハンテープやホチキスなどで止めます。 ※今回はやり直しがきくようにマスキングテープを使用しました。

裾を折る

裾(帽子の下部)を外側に折ります。

この時に、画用紙を破らないように片側から少しずつ曲げていきます。慣れてコツを掴めば簡単ですが、力尽くで引っ張ると破れることがあります。

ゴムを付ける(お好みで)

ゴムを付ける方法をあれこれ考えましたが、パンチで穴を開けるのが無難で頑丈かなと思います。

帽子の両脇にパンチで穴を開けます。

穴にゴムを通して結べば完了です。※この方法は、ある程度太さのあるゴムが適しています。

好きな装飾をする

ペンで直接書いたり、画用紙を切って貼ったりと可愛く装飾をします。

完成

これでハロウィン帽子の完成です♪

5歳児着用の様子

2:ビニール衣装の作り方

材料

  • カラービニール袋(45ℓ)
  • お好みで画用紙など

衣装作りに使える45ℓのカラービニール袋(ポリ袋)は、探し回りましたが100均等では購入できません。詳しくはこちらにまとめているので参考にどうぞ。↓

作り方

ビニール袋をカットする

ビニール袋の底側を写真のように鋏でカットします。(両脇が袖・真ん中が襟)

破線部を切る

コツ:襟はできるだけ狭くカットします。大きく切ると、着用時に肩の部分がズレてきます。頭がギリギリ通るくらいの大きさにすると丁度良く仕上がります(多少キツくても伸びるので大丈夫)。

↓丈が長い場合は裾をカットすればOK。好きな形に切るのも良いですね。

切り方その②

↓このように肩の角を残し、少し下に袖を作る方法もあります。※今回はこちらの切り方で作りました。

装飾をして完成

ビニール袋に好きな装飾をしたら出来上がり♪今回は黒の画用紙を切って両面テープで貼りました。ハロウィンのかぼちゃ(ジャックオーランタン)のデザインです。

5歳児着用

使用した材料

最後に

【ポリ袋と画用紙で簡単に手作り♪ハロウィン衣装の作り方】をご紹介しました。他にもハンドメイドレシピを沢山載せているのでよろしければ参考にしてみてくださいね。

レシピ一覧

目次