丸底ペットボトルカバーの作り方。簡単&手縫いOK♪

丸底ペットボトルカバーの作り方をご紹介します。裏地をアルミで作れば温保冷効果あり。簡単なので、時間をかければ手縫いでも作れますよ。

目次

丸底ペットボトルカバーの作り方。簡単&手縫いOK♪

完成サイズ

完成サイズは直径8㎝×高さ約17㎝。500mlのペットボトルがちょうど入る大きさです。

材料

  • 本体【表】(19㎝×27㎝)…1枚
  • 本体【裏】(19㎝×27㎝)…1枚
  • 底【表】(直径10㎝)…1枚
  • 底【裏】(直径10㎝)…1枚
  • 巾着布(8㎝×28㎝)…1枚
  • 紐(40㎝程度)…1本
  • 綾テープなど(30㎝程度)…1本
材料

アルミについて

今回は裏地に手芸用アルミシートを使用しました。

100均などで買える普通のアルミシートは洗濯ができず、ミシンで縫う時に手間もかかるため、できれば手芸用がオススメです。

綾テープについて

100均で購入した幅2㎝の綾テープを使用しました。薄手なので縫いやすく、布端を包む時に役立ちます。

あると良いもの

今回は使用していませんが、コードストッパーがあると便利です。100均でも購入できますよ。

作り方

丸底の裁断方法

紙にコンパスで直径10㎝の円を描きます(コンパスは100均で購入可)。

描いたら紙を切り取って型紙として使います。表地・裏地ともに型紙に合わせてそれぞれカットします。

巾着部分を作る

ペットボトルホルダー上部の巾着となる部分を作っておきます。

巾着用の布(8㎝×33㎝)の短辺を5㎜程度折ります。※表裏のある布の場合は裏側に折ります。

更に1㎝折って三つ折りにします。

↓横から見たところ。布端が中に折り込まれて隠れた状態です。

折った部分を押さえるように真っ直ぐ縫います(折り目のできるだけ内側ギリギリを縫う)。

赤線部を縫う
縫ったあと

↓布のオモテ面が表側になるように二つ折りにします。

二つ折りにしたら、折り目から1.5㎝の所で真っ直ぐ縫います。

赤線部を縫う
縫ったあと
縫い目のアップ

巾着(口布)の処理はこれで完了です。後で使うので一旦置いておきます。

本体を縫う

本体【表】を、オモテ面が内側になるように二つ折りにします(短辺同士を合わせるように)。

畳んだ状態で、20㎝の辺を縫い代1㎝で縫い合わせます。

赤線部を縫う

↓縫ったあと。布が筒状になっています。

次に、底布を写真のように待ち針で固定します(本体の生地端と底布の生地端を合わせながら留めていく)。底布は見えている部分が裏面です。

※合わせにくい場合

底を合わせるのが難しい場合は、布が均等に合わさるように印を付け、まずは印同士を合わせます。

側面の裾に5㎜程度の切り込みを入れるとより合わせやすくなります。

縫い代1㎝で、ぐるりと一周縫い合わせます。※側面を上にした方が布を巻き込みにくくて良いのですが、縫いやすい方が上でOKです。

縫ったあと

これで本体の形が出来上がりました。

↓裏地(アルミ)も同様に作ります。

表と裏を合わせる

裏地(アルミ)だけ表に返します。

裏地だけ表に返す

裏地(アルミ)の中に表地を入れます。

入れたところ

巾着を合わせる

写真のように、本体の口に巾着布をぐるりと巻き付けて固定します。表地・裏地・口布ぞれぞれの布端をピッタリ揃えます。

布端から5㎜程度の所でぐるりと一周縫って仮止めします。

↓ミシンの場合はアームが入らないので、このように少しずつ布を回しながら一周縫います。

縫ったところ

次に、切りっぱなしの布端を綾テープで包んで隠す作業です。

本体の外周よりも少し長めに綾テープをカットします。

↓このように綾テープを本体の口の内側に一周固定します。この時に、テープの幅の約半分は本体の口からハミ出すようにします。

テープの巻き終わりは、端を内側に折り畳めばほつれる心配がありません。

端を内側に折る

綾テープの端ギリギリの所を一周縫います。

赤線部を縫う
縫ったあと

次に、本体を表に返します。

表に返したところ

綾テープの半分はみ出た部分を内側に倒して本体の口を包みます。

綾テープの端ギリギリの所で一周縫います。

赤線部を縫う
縫ったあと

↓口布を上に引っ張って出します。

紐を通す

巾着部分の紐通し口から一周紐を通します。

紐を結べば完成です。

持ち手を簡単に付ける方法

持ち手を付けたい場合は、スナップボタンを使って簡単に付けることができます。

テープの端を折る

まずは綾テープを好きな長さにカットします。

テープの端を折って縫い止めます。

破線部を縫う
縫ったあと

スナップボタンを付ける

テープの端を折った状態でスナップボタンを付けます。反対側の端も同様に付けます。

本体にもボタンを付けたら完成です。

スナップボタンは100均などで買えますが、まとめて購入しておくと何かと使えるので便利です。

最後に

丸底ペットボトルカバーの作り方をご紹介しました。丸底ではないタイプはこちら↓

他にもハンドメイドレシピを沢山載せているのでよろしければ参考にしてみてくださいね。

レシピ一覧

目次