サテンステッチのやり方

図案の端から端まで縫いながら埋めていく「サテンステッチ」のやり方をご紹介します。

目次

サテンステッチのやり方

サテンステッチのやり方

1. 図案の真ん中に針を出す

針を布の裏側から出します。この時に、図案の真ん中から始めます。

図案の真ん中に針を出す

2. 針を入れる

反対側の端に針を入れます。

反対側の端に針を入れる

↓このように糸が渡りました。

3. 針を出す

最初に針を出した場所の隣に針を出します。

最初に針を出した場所の隣に針を出す

4. 針を入れる

反対側の端に針を入れます。

反対側の端に針を入れる

5. 繰り返す

ひたすら繰り返して図案を埋めていきます。

針を出す
針を入れる

6. 図案の半分を埋める

真ん中から端に向かって進めていき、図案の半分を埋めます。

図案の半分を埋める

7. 残り半分も埋める

左半分を埋めたら、最初に糸を出した場所の隣に針を出します。

最初に糸を出した場所の隣に針を出す

8. 真ん中から端に向かって埋める

左半分と同様に、右半分も真ん中から端に向かって埋めていきます。

右半分も真ん中から端に向かって埋める

9. 完成

これでサテンステッチの完成です。

刺し終わりは、裏側の針目(縫い目)に数回くぐらせ、糸を少し残して切ります。

縫う向きでの違い

↓正方形で縦・横・斜めに縫い比べました。

同じ図案でも、ステッチの角度によって印象が変わります。

サテンステッチの例

サテンステッチだけで刺繍した簡単な例をご紹介します。

1. くま

くまの形とハートを刺繍しました。

2. お花

お花を刺繍する場合、花びらや葉はステッチの向きで印象や立体感が変わります。刺す前に糸の方向をイメージしておきましょう。

最後に

サテンステッチのやり方をご紹介しました。他にも手芸レシピを載せています。よろしければ参考にしてみてくださいね。

ハンドメイドレシピ一覧

目次