ヌビ生地を使ったキルティングティッシュケースの作り方

人気の韓国キルト『ヌビ』を使ったティッシュケースの作り方をご紹介します。

目次

ヌビ生地を使ったキルティングティッシュケースの作り方

完成サイズ

完成サイズは16㎝×30㎝。裏地なしでヌビキルト一枚で作っていますが、厚みと重みがあって使いやすいティッシュケースです。

※ちなみに今回サイズを参考にしたのはトップバリュの箱無しティッシュです↓。ゆとりを持って入れられます。

材料

  • ヌビ生地(32㎝×32㎝)…1枚
  • バイアステープ…合計105㎝程度

今回はバイアステープを布から手作りました。作り方はこちらに載せています↓

作り方

1. バイアステープを付ける

まずは本体の縦にバイアステープを付けます。(↓写真の赤い○の部分に付ける)

本体の縦にバイアステープを付け

↓付けたところ。

付けたところ

2. 両脇を畳む

本体の真ん中に印を付け、両端(バイアステープを付けた部分)を真ん中まで畳みます。※布のオモテ面が外側になる様に畳みます。

両端を真ん中まで畳む

↓畳んだ状態で、上下を縫い代5㎜で縫って仮止めします。(赤線部を縫う)

上下を縫い代5㎜で縫う
縫い目のアップ
縫い目のアップ

↓縫ったところ。これで仮止めができました。

縫ったところ

3. バイアステープを付ける

仮止めした部分にバイアステープを付けます。

仮止めした部分にバイアステープを付ける

↓バイアステープを長めに切って端を包むように付けると綺麗に仕上がります。

バイアステープを長めに切って端を包むように付ける①
②
③
④
バイアステープを付けたところ
バイアステープを付けたところ

4. 取り出し口を調整する

ティッシュを入れてみます。これでは取り出し口が緩いため、幅を調整します。

ティッシュを入れてみる

↓赤線の様に両側をすくいながら縫っていきます。(コの字とじ)

コの字とじ①
②
縫っているところ

↓糸を引っ張ると閉じることができます。

③

↓または、閉じたい部分を一箇所かがります。

※取り出し口が狭すぎるとティッシュを交換する時に出し入れできないため、ゆとりを持たせましょう。

完成①

5. 完成

これでティッシュケースの完成です。ティッシュが残り少なくなっても取り出しやすいので、あるとすごく便利ですよ。

完成②

最後に

人気の韓国キルト『ヌビ』を使ったティッシュケースの作り方をご紹介しました。他にも手芸レシピを沢山載せています。よろしければ参考にしてみてくださいね。

レシピ一覧

目次