お受験レッスンバッグを手作り。おすすめの作り方をご紹介♪

お受験用レッスンバッグの手作りアイディアをご紹介します。基本はネイビーの布を使い、好きな装飾を加えて作るので楽しめますよ。通塾や普段使いにも◎

目次

手作りお受験レッスンバッグの装飾

装飾①:リボンや布でラインを入れる

ラインを入れることで、派手すぎず、さりげないオシャレな装飾ができます。右の紺色のリボンはママバッグとしても定番のデザインです。

装飾②:ワンポイント刺繍

刺繍は手縫いで簡単にできます。こちらは実際に子供が学校説明会等で使用したバッグです。ちょうど家にレーステープがあったので一周付けてみました。

お受験レッスンバッグの作り方

それぞれの作り方とポイント

バッグ本体の作り方

バッグ本体の作り方はこちらを参考にどうぞ。布の色が違うだけで、サイズや工程はこちらのレッスンバッグの作り方と同じです。↓

装飾のポイント

最初に、表地のオモテ側にお好みで装飾をしておきます。

底マチありがオススメ

底マチはなくても良いのですが、個人的には少しあった方が使いやすいと思います。(荷物を入れて膨らんだ時の形が綺麗なので)

リボンテープを縫い付ける場合

リボンテープは裁縫上手などで仮止めしてから縫い付けるとスムーズです。バッグを作る前に、表地のオモテ面に縫い付けておきます。

↓リボンテープはギリギリ端の部分をまっすぐ縫って付けます。

↓リボンは真ん中の留め具を指で寄せ、隠れる部分を縫うと綺麗に仕上がります。

リボンの作り方はこちらを参考にどうぞ↓

布でラインを作る場合

バッグを作る前に表地のオモテ面に布ラインを付けておきます。

↓まずは長方形にカットした布の両端を1㎝折ります。

↓布の両端(端から2〜3㎜)を真っ直ぐ縫い付けます。

ワンポイント刺繍

まずは表地に図案を描きます。

↓図案に沿って手縫いで刺繍します。サテンステッチはひたすらぐるぐると縫うだけなので簡単です。針を刺す角度(縦・横・斜め)で仕上がりが違うため、刺繍する前に考えましょう。

↓サテンステッチのやり方はこちら。

↓こちらはシューズケースとお揃いで作り、実際に子供が使用したものです。

最後に

手作りお受験バッグのアイディアをご紹介しました。他にもハンドメイドレシピを沢山載せています。よろしければ参考にしてみてくださいね。

ハンドメイドレシピ一覧

目次